佐賀GOLF-FINE > Golf-Fine 基本コンセプト

Golf-Fine 基本コンセプト

1.ゴルフを取り巻く環境とその変化について

1:インターネット環境の進歩と併せてモバイル環境の変化に伴い、さまざまな手段による情報提供が可能となっている時代であるにもかかわらず、HPさえないところがある。ましてや練習場は・・・・・。
2:ホームページの作成に掛かる費用対効果・作成目的・作成意義等について利用する(利用したい)業界サイドと、サイト制作側双方による制作費用や内容についての相互理解の不足・説明不足により、需要・供給のバランスが取れていないこと。
3:地域に密着した情報サイトが少ないと言っても過言ではない状況、適切な運営を行い、安い費用で対応できる企業・制作会社が少ないことや、運営したい企業・会社側でも、HP保守管理の人材を雇って経費を掛ける余裕がもてないこと。その為、積極的な活用へ至っていないこと。
4:最近のスマートフォンの普及は加速度的に増大しており、最早インターネットはPCだけでなくスマートフォン上でも閲覧するのがごく当たり前となってきている状況であり、スマートフォン対応のホームページでなければ、その効果は激減してしまいます。

 どのような対策が有効でしょうか?

1:ホームページの作成に掛かる目的・作成(公開)意義や費用対効果に対する助言が的確に行われ、経費が安く抑えられること。
2:更新作業をHP製作会社へ依頼しなくても、自前で簡単に、費用もかけずに出来るスマートフォン対応HPの提供が必要不可欠。
3:これを可能とするHP作成・管理の定形フォーマットがあれば、多くのゴルフ場・ゴルフ練習場がインターネット上での顧客サービスの提供に積極的に取り組めるようになり、作成(公開・設置)した企業の知名度・好感度・信頼性のアップが図れること。

※この定形フォーマットの提供が当社の一番の目的です。
加えて当社サイトの「Golf-Fine」との連携・リンクを行って頂くことにより、ゴルフの様々な情報提供が簡単に出来ますので、HPの運営も自社のイベント・トピックス・ブログの更新だけで可能になります。

ここ数年、日本でもゴルフは米国や英国同様にスポーツとして楽しむものに変わってきているといわれています。実際、熊本県内のゴルフ場でも、平日であるにも関わらず、退職した団塊世代や中高年の女性ゴルファー・若年層の男女のパーティー等で賑わっている所も見られるようになりました。

その背景には、セルフプレーの普及に伴うプレー価格の引き下げ、サービス項目の多様化(レディース・シニアDay・乗用カートのフェアウェイ乗入れ可等)によるプレー目的の変化や、カート利用促進などのゴルフ場サイドによる営業努力の結果と、これに伴うゴルフに対する意識が、お金持ちの高価な遊びと言った認識から、誰でもできる健康的なスポーツであるという風に変化してきているからです。

とは言え、巷で囁かれる2025年問題「※’25年は、約800万人いる団塊世代が後期高齢者(75歳以上)に達し、医療費などの社会保障費が急膨張するなか、医療や介護の提供体制が抜本的な見直しを迫られる節目の年であり、多くの後期高齢者が発生し、健康管理問題、仕事を始めとした様々な分野からの引退問題等」は、ゴルフ業界においても座視出来ない状況であり、激減が予想されるゴルファー人口、特に若年世代へ如何に情報発信し、安心感を与えていくのか?これに対応するか否か?業界の対応次第では、その格差がますます広がっていくことは容易に想像できることでしょう。

今後(2025年問題以降の、団塊世代が一挙にいなくなった後)のゴルフ業界の顧客となる可能性の高い50歳代以下の世代においては、PCやスマートフォンの活用は、ごく当たり前となってきている状況であること。更に突っ込んで言えば、PC・スマートフォン上での情報確認ができないことは、著しい信頼性の欠如とさえ認識されてしまうことを、業界各位はしっかり理解・認識して、受け止めるべきでしょう。

ネットによる情報サービス提供は、最早必須といっても過言ではなく、現状の若い世代(50代以下)への信頼感・信用度を確立させる上でサービス情報提示は不可欠なのです。此の点への対策がほとんど実施されず、手薄であることは明確であり、早急に対応すべき問題でしょう。

2.経営方針・目標と今後のプラン

「Golf-Fine」として、より多くのゴルフに関する的確な情報の発信・提供を行い、もって多くのゴルフ愛好家・特に50歳以下の若年層ゴルファーに当サイトを認識して頂き、その情報内容を喜んで利用してもらうこと。併せてゴルフ場・ゴルフ練習場の立場からしても、自社のホームページを活用し、更に、有効な情報提供・集客サイトとして、「Golf-Fine」と相互リンクすることで、より多くのゴルファーへ練習場・ゴルフ場としての情報発信を可能とすること。結果として、ゴルファーとゴルフ場、ゴルフ練習場の三者へ有用な情報提供を可能とし、ゴルフ業界全体への貢献をすることを目指し、より一層の社会貢献を果たしていくこと。

具体的には、

 ① 熊本県を初めとして、各県毎のゴルフ場・ゴルフ練習場に関する情報の取り纏め・発信を行い、より多くの情報を判り易く、豊富な情報でゴルファー・ゴルフ場・ゴルフ練習場の三方向への情報サイトとして成立させること。
 ② サイトを整理・統合して、リニューアルすることでサイトデザインを一新し、携帯・スマートフォンに対応したサイトとして、より多くの利用者を獲得し、更に利用し易いサイトとして発展させること。
 ③ 新たな業務として各ゴルフ場・ゴルフ練習場のホームページ作成を安く提供、そのための雛形となる定型フォーマットを制作・用意すること。
 ④ 携帯サイトとしての対策を行うために、各電話会社公式サイトとしての掲載費用を準備、有料コンテンツの配信を開始し、より多くの読者を獲得して収益とすること。 
 ⑤ 以上により、ポータルサイト運営によるWebサイト作成・保守・管理、等を行うことにより、より良いサイトの充実と進化・普及促進を図り、もってゴルファー・ゴルフ練習場・ゴルフ場の各位がWIN・WINの関係となること。

3.Golf-Fine の活動意義について

「Golf-Fine」の運営するサイトや、提供するHPフォーマットを、より多くのゴルフ場・ゴルフ練習場・ゴルファーの方々が共通の接点として活用頂くことで、より良いゴルフ環境の改善・発展と、ゴルファーの健康維持からゴルフ技術の上達・マナーアップまでをトータルに援助・応援し、「関係各位とともにWin・Winの関係を築くこと目指して結果が出せれば」との想いで活動を開始しました。
 
会社名である「G-Fine」には⇒G=ゴルフ、Fine=ゴルフを(見つける・元気にする・良くなる・優秀な・繊細な・鋭敏な立派な・上等な・純粋な、etc・etc・・)という意味があります。より早く、より確実に、多くのゴルフ関係者(ゴルファーの方々・練習場の方々・ゴルフ場の方々)と共に当社も発展・拡大して、結果、社会貢献ができることを目指します。

ホームページ作成技術も進歩し、様々なツールが発表され格安で作成が可能になっていることを広く伝え、ゴルフ練習場に特化した 細かいサイト運営技術を十二分に活かし、ゴルフに関わる多くの企業やゴルファーの役に立つことが、当社の存在意義であり、必ず 業界・ゴルファーの皆様の発展にも寄与できるものと確信します。

Pocket

スポンサードリンク

佐賀のゴルフ場予約3大サイト徹底比較

佐賀のお得なゴルフプランPICKUP!

お知らせ&更新情報

2017.02.24
PC 不具合復旧のお知らせ
2017.02.16
PC不具合によるサイトメンテナンス中のお知らせ
2016.12.13
スマホ用に当サイトのアプリを導入しました!!

お得なゴルフTOPICS

佐賀のゴルフ場PICKUP

北山カントリー倶楽部

北山カントリー倶楽部

背振・北山県立自然公園の中央、人造湖では九州屈指の北山ダムのほとりにある丘陵コース

GOLFFINE ゴルフ練習場PICKUP

唐津ゴルフセンター

唐津ゴルフセンター

ここにキャッチコピーが入ります。ここにキャッチコピーが入ります。

距離 打席数 バ練 パ練 ア練
200y 29席 あり あり あり

最近チェックした佐賀のゴルフ場・練習場

▲pagetop